育再生・地方議員百人と市民の会
TOP ごあいさつ 設立主旨
活動内容・会則
関西行事案内 活動等の記録
(会員HP,会計)
参加者、リンク集 入会申し込み
会費の御案内
   教育NEWS
   切り抜き
  
議会質問のお手本
教育問題質疑検索
推薦図書 百人のニュース 一般リンク 問い合わせ
ご意見
動 画
動等の記録TOP 総 会 録 理 事 会 録 一般活動、集会録 会計報告
声明・請願・要請等 新聞・マスコミ報道 百人のニュース
百人の行事案内(記事)
仲間からの報告
My Home Page
 活 動 等 の 記 録
総 会 録
回 数 年 月 日・会  場 基調講演 メ     モ
NPO第7回通算第18回 平成28年4月16日
サムティフェイム新大阪
(大阪市)
1部 五條 剛
2部 X島ドンがパチョ校長
五條氏には外国人技能実習生受け入れ協同組合事務局長年て、その実態と問題、それに我々がどうかかわっていくのかを、また、太平洋のど真ん中ひょっこりひょうたん島からドンガパチョ校長に島の教育を話していただきました。
NPO第6回
通算第17回
平成27年5月30日
サムティフェイム新大阪
(大阪市)
1部 中村重行(U)
2部 山本敬子宝塚市議
お一人は中村重行氏。京都北山細野の神主です。前回に引き続いて、今回は「心の教育」のU、「観念論」から「具体論」へ。もうお一方は、宝塚市議会山本敬子議員。前歴は宝塚歌劇団57期生。 音楽学校は「戦場」か。天海祐希さんの退団挨拶で、彼女は「戦場」「戦友」と言う言葉を6回使いました。あのすばらしい踊りは「戦場」で「戦友」と踊ったのか。大変興味あるところです。
NPO第5回
通算第16回
平成26年6月28日
サムティフェイム新大阪
(大阪市)
1部 中村重行
2部 山本優美子
今回は、中村重行氏。京都北山細野の神主。若かりし頃はヒマヤラ遠征隊長を務めたり、冬は鉄砲担いで狩猟。そこから生まれる心の余裕が子供たちへ、神からのメッセージを語ることができるのだと思います。
もうお一方は、5月11日(日)読売TV「そこまで言って委員会」で、あの田島女史を黙らした、山本優美子氏を東京よりお迎えし、彼女の運動感、思い、そして慰安婦像の今後の問題点等を語っていただきます。
NPO第4回
通算第15回
平成25年4月27日
エル大阪
中山恭子参議院議員 1部 中山恭子参議院議員 教育を語る、親として、母として
2部 パネルディスカッション  親は何をするの? 学校って治外法権?
   中山恭子ベテランお母さん 府立八尾高校岡田雅先生 酒井みどり    中堅お母さん  岩井里絵新米お母さん
   コーディネーター 和田有一朗兵庫県議     
NPO第3回
通算題14回
平成24年4月21日
(東京)文京区民開館
長谷川潤
前大阪府中学校教師
今回は弊会発足はじめての東京での開催。
2部では大阪より維新副団長でもある辻理事長、上島理事、関東からも野田議員等6名が参加し維新の教育条例の効果を議論。
NPO第2回
通算題13回
平成23年7月30日
たかつガーデン
(大阪市上六)
長谷川潤
前大阪府中学校教師
弊会の創造主、長谷川先生、満を期してご講演
「現役のときは言えないこともあった日教組の悪事」
NPO第1回
通算第12回
平成22年8月7日
サムティフェイム新大阪
(大阪市)
佐藤正久(ヒゲの隊長)
参議院議員
@平成22年度定期総会 A任意団体百人の会解散総会  BNPO法人百人の会第一回総会
第11回 平成21年11月29日
たかつガーデン
(大阪市上六)
中山成彬
前文科大臣
第2部で前大臣、広重市郎宇部市議、和田有一朗兵庫県議、司会北川悟司前豊中市議で鼎談
第10回 平成20年7月12日
塚本幼稚園(大阪市淀川区)
鴻池祥肇
参議院予算委員長
「体罰は必要に決まってまんがな」と歯に衣を着せぬ、大事なことをひときわ本音で語る鴻池祥肇議員。『ゆとり教育』は反対です。・・・・規律や節度も大切なことなんだと。」(議員HPより)」鴻池議員より「教育の真髄」を拝聴したいと思います。
また、後半は神谷宗幣吹田市議(30)、山下亜緯子柏原市議(27)、若いお母さん方に入っていただき、教育に取り組む地方議員として、また子育て真っ最中のお母さんとして鴻池議員と意見を交換させていただきます。
第 9回 平成19年8月26日
豊中市「すてっぷ」
山谷えりこ
首相補佐官
「すてっぷ」(豊中市男女共同参画推進センター)を補佐官視察
教育再生会議の1次報告、2時報告の詳細をお聞ききし、また、我々としてどのような協力が出来るのかを探ってまいりたいと思います。「国直し」の要諦は教育。「社会総ががり」で国家再建のためにがんばろうではありませんか。
第 8回 平成18年6月10日
豊中商工会議所
中山成彬
前文科大臣
歴史教育での「自虐史観」を強く否定され、倫理観と道徳心に裏打ちされた自信と誇りをもった子どもたちにしようと先頭に立つ中山先生。
今一度、前大臣の「甦れ!日本」を拝聴したいと思います。
第 7回 平成17年7月10日
福岡国際ホール
中山成彬
文科大臣
参議院予算委員会で山谷えり子議員の質問に、後を振り返られ「時間、まだいいですか?」と尋ねられ、ご自分の言葉で思いを滔々と語られました。大臣の教育にかける情熱、熱意を垣間見、感銘をおぼえましたのは私だけではなかったと思います。
第 6回 成16年6月13日
吹田サニーストーンH
高市早苗
衆議院議員
教育改革に求められる地方議員の役割について
第 5回 平成15年8月24日
吹田サニーストーンH
小林 正
元参議院議員
前神奈川県教職員組合執行委員長
「日教組」の歴史と現状を(いままでのこと)。そして、教育基本法の在り方について(これからのこと)お話ししていただきます。
第 4回 平成14年6月29日
吹田サニーストーンH
中村勝範
平成国際大学長
第 3回 平成13年6月2日
吹田サニーストーンH
加地伸行
阪大名誉教授
第 2回 平成12年5月27日
吹田サニーストーンH
佐藤泰典
福山市中学校教諭
第 1回 平成11年10月2日
吹田サニーストーンH
藤岡信勝
東大教授
産経新聞掲載
設立総会 平成11年1月31日
高津ガーデン